普通アプリ

【口コミ】pipiは出会えるアプリ?オススメできない理由を解説

【口コミ】pipiは出会えるアプリ?オススメできない理由を解説

こんにちは、えなです。

彼氏が欲しい!そう思い立ったあなたに質問です。

せっかくならハイクラスな男性と出会いたくないですか?

普段出会えないようなハイクラスな男性と付き合ったら。

おいしいご飯に連れてってくれそうですよね。

もし結婚したとしたら。

何度も海外旅行に行けたり、最先端の家電に囲まれて家事ができそう。

そんな幸せな将来を描いて、ハイクラス男性と出会えるマッチングアプリ「pipi」を使ってみました。

ただ、当サイトでは【普通アプリ】として評価しています。
その理由を解説しますね。

pipiの概要

ハイクラスな男性と出会えそうな「pipi」。
アプリの概要を紹介します。

マッチングアプリ「veve」が生まれ変わって「pipi」に

pipiはハイクラス層を繋げるために生まれた、ハイクラスの男女のためのマッチングサービスです。

2018年10月からリリースされた比較的新しめのアプリで、大阪にある株式会社オンリーワンが運営しています。

もともとは「veve」という名前でしたが、2019年7月から、「pipi」に生まれ変わりました。

会員数などは公表しておらず、不明です。
ただ、気軽に登録できるマッチングアプリと違い、審査を行なっているため、会員の数で勝負しているわけではありません。

会員の質=ハイスペック・ハイステータスをウリしたアプリだといえます。

pipiの特徴

ハイクラス・ハイスペック層向けのマッチングアプリ「pipi」。
その特徴を3つ、紹介します。

特徴①ユーザーによる新規入会の審査がある

ハイクラス層が集まるマッチングアプリと聞くと敷居が高く感じますよね。

pipiは、まさに敷居の高いアプリなんです。

なぜかというと、アプリをインストールしてもすぐに使えません。

pipi 審査 時間かかる

自分のプロフィールを登録後、24時間かけてpipi既存会員からの審査が行われます。

「この方の入会を承認しますか?」

pipi 入会審査

男性のプロフィール写真と年収をみてOKかNGか判断していくのです。

日々増える入会希望者を選別しているため、ハイクラス層でさらにプロフィール写真も素敵な、イケメン男子が増えていくアプリだといえます。

特徴②ハイスペック層向けのマッチングアプリ

冒頭でもハイクラス・ハイスペック層向けのマッチングアプリだと紹介しました。

なぜ、そんなことが堂々と言えるのか。

その謎は、プロフィールの設定で判明しました。

pipi プロフィール 年収

プロフィールでは年収を500万以上からしか設定できません。

ハイクラスの男性が使うメリット

①年収を堂々とアピールできる
②年収がひと目でわかるようになっている
③年収が高いだけで、他の男性と差別化したプロフィールにできる

逆に、年収500万未満の男女は、肩身が狭くなってしまうので、注意してくださいね。

年収を明かすのが恥ずかしいひとは、「年収秘密」にするしかないんです。

年収をアピールできるpipiにおいて、年収を秘密にしている男性は人気が出ません。

年収で区別しているから、他のマッチングアプリと比べてもハイスペックな男性が使いやすい設計になっています。

特徴③証明書提出必須!独身で高収入な人が集まる

pipiでは男性にも女性にも、しっかりと証明書の提出を求めています。

どんな証明書が求められるかというと・・・

pipi 証明書 

普通のマッチングアプリで求められるのは、本人確認までです。
しかし、pipiは違います。

ハイスペックな男女の出会いをサポートするマッチングサポートを掲げるpipi。
だからこそ、収入証明書や独身証明書の提出を求めて、ウソ・偽りのないマッチングにできるようにしてくれているんですよね。

pipiのメリット

ハイスペック層向けのマッチングアプリ「pipi」。
使ってみて感じたメリットを解説します。

メリット①女性は基本無料で高収入男性と連絡できる

ハイクラス層と男性と出会う方法。
あなたは何がいちばんだと思いますか?

婚活パーティに参加すれば、手っ取り早く出会えるようになりますよね。

でも、婚活パーティには参加費がつきものです。

ハイスペ男子と出会うためには、それ相応のお金が必要なのです・・。
しかも、婚活パーティに行ったからといって、収穫がない可能性だってあります。

婚活に焦っているあなた、でもお金をかけたくないあなたへ。
ハイスペ男子が多い「pipi」なら、女性は基本無料で利用できます。

pipiだったら、登録して審査さえ通れば、年収1000万円以上の男性がゴロゴロいるんですから。
今まで、出会えるかも分からない、街コンや婚活パーティなどに参加費を払っていたのがバカらしくなってしまいますよね。

お金が一切かからないかというと、そういう訳ではありません。
pipiではアプリ内で使うポイントがあり、このポイントを利用することで男性へアプローチができます。

pipiいいねの仕組み

ただ、それは数が限られたものになります。

足りなくなってしまったら、お金を出して買わないといけません。

pipiポイントでできること
「pipi」男性へのアプローチ方法

pipiポイント10消費で、男性にいいねを送れる。
pipiポイント50消費で、男性にダイヤを送れる。

お金かかるじゃん!そう思ったそこのあなた。安心してください。

特徴で紹介した、「新規入会会員の審査」に協力すると、1会員審査するごとに1ポイント溜まります。

また、証明書を提出して、たくさんポイントをもらうことができます。

pipi証明書提出

そのため、男性にいいねをたくさん押しても、ポイントがなくなることはありませんでしたよ。

マッチングアプリは、たくさんいいねを押さないと出会えないですからね!ポイントが貯まっていくのはメリットだと思います。

メリット②もらったいいね総数がひとめでわかるから、人気の男性にすぐアプローチできる

マッチングアプリでよく有料機能になっているもの。

それは、人気会員検索です。

確かに、人気会員にアプローチできたら素敵な男性と出会えそうですよね。

でも、無料で人気会員を知ることができたら、もっとよくないですか?

pipiなら、相手からいいねされた数がひと目でわかるようになっています。

pipi男性 いいねの数 pipi 人気男性会員

見比べてみても、いいねの数が12個と46個じゃ、大きな違いですよね。

誰からもいいねをもらっていない男性も当然いますし、たくさんのいいねをもらっている人気会員も分かりやすくなっています。

無料で、人気会員もひとめで分かるようになっているのは、他のアプリにないpipiの良いところです。

pipiのデメリット

正直に話します。
メリットよりも私はデメリットの方が多かったと感じました。
デメリット、解説しますね。

デメリット①プロフィールの年収設定が高すぎて気軽に利用できない

公式HPで紹介されている、男女会員のハイスペック率がこちらです。

pipiハイスペック率

女性の半分以上がハイスペックという、なんとも恐ろしい結果になっています。
恐ろしいといったのは、わたし自身ハイスペックとは程遠いところで生活しているので(笑)
しっかり「年収秘密」に設定していたからです。

そんなにハイスペックな女性が多いのであれば、わたしの存在なんて埋もれてしまいますよね・・・。

なかなかマッチングしづらかったこともあり、年収設定が大事なのかな、と思いました。

他のアプリなら、もう少し「いいね」がきて、メッセージも取り合えるんですが、pipiは違いました。

pipiをつかって2週間、1人としかマッチングしませんでした。

いつか、わたしも稼いで、「年収秘密」(500万以下)から脱却して、堂々と年収をアピールできるようになったら、もう一度つかってみたら結果が変わる、かもしれません。

でも、今のわたしでは気軽に利用できないと思ったので、デメリットとして挙げさせて頂きました。

デメリット②入会審査が厳しく会員数が少ないから出会えるチャンスも少ない

pipiに入会を希望している男女会員の審査合格率はこちらです。
pipi審査合格率

女性は4人中3人が登録できるくらいの合格率になっていますが、男性はより厳しくなっています。

審査が厳しいということは、より厳正された会員が残っている証拠になります。

厳正された会員と聞くと安心感が生まれますが、果たしてマッチングアプリでそこまで必要でしょうか?

なぜなら、マッチングアプリはたくさんの会員がいないと、マッチング率も上がらず、出会える可能性が低くなるからです。

ちなみに東京・大阪とわたしの地元、岐阜県の男性会員数を調べてみました。

pipi 男性会員数 東京 pipi 男性会員数 大阪 pipi 男性会員数 岐阜

年収500万以上の男性を検索条件にしているため、「年収秘密」にしている男性は除いた数字になっています。

ただ、わたしの地元、岐阜県はとっても寂しい数ですね・・。

3人。

東京も大阪も特別多いわけではありません。

だって、OmiaiやPairsといった大手マッチングアプリでは、東京や大阪の登録会員数は桁違いに多く、20代〜30代は1000人以上登録しています。

100人しかいないマッチングアプリと、1000人いるマッチングアプリ、単純計算で出会える可能性は10倍変わりますよね。

いくらハイスペック層を集めたからといって、出会える母数が少なければ、出会えるチャンスは当然少なくなってしまいます。

審査が厳しいpipiは安心感を与えてくれますが、実際につかって見て出会えるチャンスは少ないアプリだと感じています。

pipiが優良アプリか辛口分析

pipi辛口分析

安心性:★★★★★(5)

しっかりと年齢確認をしてくれています。
さらに、収入証明や独身証明など、他ではあまり求められない証明書も提出しておくことができます。

男性のプロフィールをみて選ぶときに、ちゃんと独身証明書が出されていたら、安心できますよね。
そういった配慮があるので、安心してつかってもらうことができますよ。

規模感:★★☆☆☆(2)

入会できるかは審査次第。だから、会員数が多いわけではありません。
岐阜県に至っては3人、ですからね。
都市部では使えるかもしれませんが、地方に住んでいたら出会えないアプリです。

使用感:★★☆☆☆(2)
わたしは残念ながら、ハイスペックな女子ではありません。
だから、年収設定に困りました。
500万円以上からでないと登録できなくなっていたからです。

「年収秘密」にしておくと、正直、年収が低いのがばれちゃいますよね。
ハイスペ男子のお眼鏡に叶うのは、ハイスペ女子なのかもしれません。

ハイスペ層向けのマッチングアプリにわたしが入り込む余地はありませんでした。

彼氏ができるか:★★☆☆☆(2)
ハイスペックな男子は確かに存在します。

年収1000万以上の男性が登録しているのも確かです。

でも、母数が少ない。登録数が少ないから、なかなかマッチングしませんでした。
マッチングしたのが1人なんですが、その男性もあまりログインしない男性で、メッセージすらしてません。

わたしがハイスペ女子じゃないからかなー(笑)

あなたがハイスペ女子と自負しているなら使ってみる価値はあるかも。
でも、わたしみたいに、年収公開するほどじゃなければ、他のアプリの方が出会える可能性は高いはずですよ。

pipiまとめ

ハイクラス層のためのマッチングアプリとして生まれたpipi。

わたしはその恩恵を受けることはできませんでした。

当サイトは、彼氏を作れるかどうか、使う価値あるアプリかどうか評価しています。

pipiを使ってみて、あまりマッチングしないし。男性でログインしている人も少ない印象でした。

厳正な審査があって、安心して使えるアプリではありますが、出会える可能性は少ないと思って、【普通アプリ】にしています。

出会い系やマッチングアプリは、出会えないと何も始まりません。

出会えるアプリをしっかり選んでくださいね。

当サイトでオススメしているのは「ハッピーメール」です。

えな
えな
非モテのえなが、短期間でたくさんの男性と出会えたワケはこちらからご覧ください。

詳しいレビュー記事を読む!